家庭という幸せ|出会いを求めるなら相席屋がおすすめ|婚活にも最適

家庭という幸せ

お酒

失敗を繰り返さないために

シングルマザーが再婚するにあたって注意すべきポイントは2つあります。まず1つめが、必ず子供の同意を得るということです。とくに中学生や高校生など思春期にある子供がいる場合は、時間をかけてゆっくりと同意を得ていくことが大切です。思春期は人間性や社会性、道徳性などを形成していく重要な時期なので、同意を得ないままの急速な再婚の決定は子供にとって悪影響になりかねません。2つめに、新しく結ばれるパートナーに、先の夫との間にできた子供を一緒に育てていけるかどうかを確認しておくことです。また新たに子作りを行うかも確認しておきます。直接の血縁関係がなくとも、新しく結ばれるパートナーと先の夫との子供の間の信頼関係の構築がなされた上で、再婚することが望ましいといえます。

出会いのきっかけ

シングルマザーは育児と仕事の両方をしなければならないので、異性との出会いに乏しいです。しかし、子どもの教育には多額のお金が必要になりますし、母子の心の支えとしての夫の役割は決して小さくはありません。シングルマザーが再婚する場合には、時間の空いている時に婚活パーティーや合コンなどに積極的に参加することが大切です。とくにシングルマザーを対象とした婚活パーティーでは、育児や仕事の両立の大変さを理解している男性が多い傾向にあります。また最近では籍を入れていないが、同棲する事実婚が増加しつつあります。この場合の事実婚は、とくに子供の気持ちに配慮して選ばれることが多いです。子供としては、法律上の父親には当たらないという点で安心感を覚え、信頼関係の構築がスムーズになると言われています。